更年期障害と漢方薬!私の体験

更年期を漢方薬で治療する場合

不安が強くめまいがある場合は
柴朴湯(さいぼくとう)030.gif

体力がなく不定愁訴がある場合は
加味逍遥散(かみしょうようさん)020.gif

うつ傾向がある場合は
加味帰脾湯(かみきひとう)008.gif

ストレスが多い場合は
柴故加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)033.gif


と言う具合に
1つの症状で1つの漢方が明示されるのですが
更年期障害の場合、あらゆる症状が作用しあっていろいろな症状が出るので
一つ一つの症状で、たくさんの漢方薬を飲むのは大変です。

また
きちんとしたものは、 1つで5,000円ぐらいするので
ドラッグストアでなんとなく症状話して
漢方薬なら良いだろうと
飲み始めてしまうと
ちょっと良くなると、他のも飲んでみよう
こういう症状もあるからこれも必要だ
などと蟻地獄のように漢方薬大量購入金欠地獄にはまってしまいます。

また、複数の漢方薬を飲むことによって効きが悪くなる組み合わせもあります

一般的なチェーン店のドラッグストアでは
その組み合わせまで知っている薬剤師さんはいません。

私自身、
上記のような金欠地獄に片足踏み込んてしまった経験があるので
1つ症状が改善すると、やめるにやめれない

と言う現象避けるために

最初から、更年期障害の諸症状に効果のある
漢方薬の総合のサプリメントを構えることおすすめします。

上記のように、総合的にいろんな生薬が入っているものだと
金銭的にもやっていけるし
様々な症状に対応できるんです。


[PR]
# by gop8j1sq | 2014-02-06 13:03

更年期障害が出やすい年齢別女性のストレス

女性は、年齢によって外部からのプレッシャーがあり
精神的ストレスが更年期障害を重篤にする場合があります。

例えば
10代:親との関係、両親の仲が悪い、友人関係、成績などのストレス

20代:親からの自立、進学、就職、 恋愛、結婚、出産などのストレス

30代:育児、子供の成績、夫婦関係、仕事上の責任など

40代50代:親の介護、親の死、子供の巣立ち、親戚関係、夫婦関係などのストレス

更年期まっただ中なのに、旦那さんや会社の人など、周りがわかってくれないことも多いんです!

と言うように
年齢ごとに女性の場合女性ホルモンの変化があり
妊娠出産などの絡みから20代30代では
若年性更年期障害と言ったりします。

プレッシャーが多すぎると
ストレスの抵抗力も弱まってくるので
体のあちこちに更年期障害を症状が現れます。

不定愁訴やイライラ以外にも自律神経失調症となることもあります。
他にもストレスが多いと
喘息
胃潰瘍
高血圧
糖尿病
動脈硬化

なども発症します。

私の近所の人はもう60代半ばなのに
まだ更年期障害から抜けられず
その原因が旦那さんからのストレスだったと
おっしゃってました。

健康づくりのための休養指針としては
生活にリズムをつけて睡眠時間、食事時間、自由時間など休養をしっかりと入れよう。
ゆとりのある時間で長続きのできる休養の仕方を考えよう
出会いと絆で豊かな人生を

更年期障害でストレスによって悪化することが多いことから
人間関係でストレスを溜めないようにするのはとても大事なことです。




[PR]
# by gop8j1sq | 2014-02-05 13:03



更年期障害といえば漢方薬なんですが、ドラッグストアに通って損したと今では思っています。長期にわたる更年期なので最初っから総合サプリメントがおすすめです。
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
更年期障害 漢方薬